にゃんこ大戦争のキャラ紹介や他情報などを集めた、雑ブログですw

にゃんこ大戦争 そのキャラ使えるの?

芸能ネタ

栗城 7度目のエベレスト登頂失敗

更新日:

知る人ぞ知る、下山家、栗城史多氏を皆さんはご存知でしょうか?


栗城史多氏のプロフィール
1982年北海道出身 元ニート
2004年 北米マッキンリー登頂(標高6194m)
2005年 南米アコンカグア登頂(6959m)
ヨーロッパ エルブルース登頂(5642m)
アフリカ キリマンジャロ登頂(標高5895m)
2006年 オセアニア カルステンツ・ピラミッド登頂(標高4884m)
2007年 チョ・オユー登頂(標高8201m)
南極大陸 ビンソンマシフ登頂(4892m)
2008年 マナスル登頂(8163m)
日本山岳協会から認定無し
2009年 ダウラギリ登頂(8167m)             インターネット生中継を行う
第一回目エベレスト(標高8848m) 7950mで敗退
2010年 アンナプルナ(標高8091m) 7700mで敗退
8月末 二度目のエベレスト挑戦 C4サウスコル(標高7900m)に達せず7750mで敗退
同伴のシェルパが一人死亡

2011年5月 - シシャパンマ( 8,013m)体調不良により敗退。
8月末から - 三度目のエベレスト敗退。7800m地点で食料などを埋め、一度ベースキャンプに戻り体調を整えて頂上アタックを目指したが、埋めておいた食料をキバシガラスに荒らされたため登頂を断念したと発表した
この挑戦では同行スタッフであるフリーカメラマンの木野広明が死亡している。死亡原因はくも膜下出血であった

2012年5月  四度目の挑戦となるエベレスト・西稜ルートで登頂を目指したが7700mで敗退。C2(6400m)地点で人差し指が凍傷に罹患していたにも拘らず登山を続行。当初予定していた地点より500m低い7500m地点のC4から最終アタックに出たものの強風のため撤退。凍傷が悪化しC4からの下山が不可能になったため救助を要請し、シェルパによりC2まで下ろされた後、ヘリコプターでカトマンズの病院に搬送された。

2013年11月から2014年1月にかけて、2012年に受傷した凍傷のため両手指9本を切断。
2015年五度目のエベレスト登山に挑み、南東稜ノーマルルートからの登頂を目指したが、サウスコル付近で敗退。
2016年六度目のエベレスト登山。9月2日にベースキャンプに入り、7400mで敗退。

凍傷で指9本を切断

ちなみに、2012年のエベレスト失敗時に、スマホをいじりたいから、指抜けの手袋をしていた為に、片手の親指を残し、9本全て壊死し、切断しました。 それにしても、エベレスト登山するのに、よくそんな手袋してたよな~~。

2017年度 7度目のエベレスト登頂アタックは???

そして、今回、2017年5月のエベレストアタックは、どうかと言うと、
予想通り、失敗しました。 (5月31日現在)
理由として、Facebookのオフィシャルサイトでの栗城氏自身の無線によると、体調不良だそうです。
詳細は、5月30日配信の無線のみを映した画像で3本、撮影されており、延々と言い訳をしながら、結局、よく解らない内容で、最終的に泣き出すのですが、そこで、あ、あきらめちゃうんだなって感じです。
エベレストに登頂する為に富士山を昇ったり、マラソンしたりと調整していたらしいのですが、あっけなくあきらめるそうです。
もちろん、エベレストに昇る為には機材やら、スタッフやら、協賛金が必要になってくるので、人のお金で登っているわけなのですが、あきらかな準備不足と、経験不足、そして失敗から学ばない姿勢が伺えます。

さて、後は帰国後にスポンサーさんや後援会の方々にどのような説明をするのかが見ものになってきます。

 

 

-芸能ネタ

Copyright© にゃんこ大戦争 そのキャラ使えるの? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.