MENU

英語の短母音は10個をア行でマスターするのみ!

英語の母音って、サイトや本によって全然個数が違います。

本サイトでは、単母音10個をア行で学んでいます。

日本語では母音は5個(アイウエオ)だけですが、英語ではおおよそ10個です。

ですが、実はネイティブスピーカーも母音が10個ある、という認識があまりないらしいです。

そんな、あやふやな母音を勉強するのは苦痛ですよね・・・・

ただ、我々日本人が英語の発音を学ぶにはまずは、この母音の勉強からすべきです!

この記事で分かる事
英語の10個の母音について

それではいってみましょう!

目次

英語の母音10個

いかに10個の母音を表にしました。

ʌfather
アェæpat
アォɑrock
ェィɪit
イ―ibleed
ʊgood
ウーushoot
ɛend
ɔboss
オーohome
英語の短母音10個

動画で英語の母音勉強

母音の勉強をするならば、ネイティブスピーカーから学ぶのが一番ですよねw

おススメはサマー先生です。

僕も、サマー先生の動画で母音を練習しましたw

英語の母音10個

それでは、母音を1個1個解説していきたいと思います。

ʌ 「ァ」

発音ʌ

一番日本語に近い「ァ」です。

普通に口を開けて、ァと言えば出る音なので、日本人にとって難しい所はありません。

これは練習無しでも出せる音です。

æ 「ァェ」

発音æ

発音記号、 æ ですが、これの名称は「Ash」と言います。

そのままaとeの中間の音で、唇を横に広げながら発音します。

これは代表的な発音記号ですし、これができるとネイティブみたいに聞こえます。

ɑ 「ァォ」

発音a

aとは言いますが、「ァ」ではなく「アオ」です。

口を大きく開けた状態、顎を下に落とした状態のまま発音します。

表記はよく「O」で表されます。

Rock, Lock

ɪ 「ェィ」

発音ɪ

「it」など、簡単に表記されていますが、厳密な「イ」という音ではなく。エが混じったイを短く発音するとこの音になります。

i 「イー」

発音i

iはそのまま「イー」なので、日本人には簡単な発音ですねw

ただ、口を大きく横に広げる事が必要です。

ʊ 「ゥ」

発音ʊ

短く「ウ」と言う発音で、これも日本語の「ウ」と似ているので、そのまま発音しても大丈夫です。

u 「ウー」

発音u

この「u」は伸ばすウで、口をとがらせて発音します。

ɛ 「ェ」

発音ɛ

この ɛ も日本語の「エ」で発音が可能。

ɔ 「オ」

ɔ

この ɔ も日本語の「オ」で発音が可能。

o「オー」

発音o

Oはそのままの「オー」です。

これは簡単!

まとめ

英語の発音練習ってなんとなく、気が進まなかったりしますが、自分は何よりも一番最初に勉強すべき内容だと思います。

母音の発音を練習せずに言葉を、そして言語を覚えるのって不可能ですよね・・・・

なにより、文字を読むにも、声に出すにも、正しい発音で行わないと意味が無いからです。

ですので、発音練習、まずは母音から勉強してみてはいかがでしょうかw

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる